冬も足のチェックを

2018年になりました。

もう冬休みも終わり、日常生活に戻っていますね。

お子さんの靴や上履きが、一年で一番売れる時期は3~4月。

新学期や、入園入学に合わせて新調しますからね。

次が9月、夏休み明けで成長しているのと、運動会に合わせて新調されます。

他の長期休みに比べ冬休み明けは、3学期が短いこともあり、靴を新調するのが減る傾向にあります。

 

でも、お子さんの足が成長しているかどうかは、チェックしてみないと分かりません。

今の時期にチェックしておくことで、あとどれくらい履けるのかの予想も立てれます。

春まで充分履けそうなのか、少し早めに用意した方がよさそうなのか。

もちろん、現時点で小さくなっているのが分かったなら、すぐにサイズを変えてください。

3学期は短いからちょっとくらいは大丈夫、もったいないし春まで履かせたい。

気持ちは分かりますが、たとえ短くでも約3ヵ月ほぼ毎日履く靴です。

大人にとって3ヵ月はあっという間、でも、子どもにとっては一日一日成長する大事な期間です。

 

こまめにチェックするのは難しいですが、春・夏・冬休みはチェックするようにすると、

足のトラブルを未然に防ぐこともできて安心ですね。